お得でおすすめのクレジットカードを比較ランキング形式で紹介しています。

クレジットカード大百科【おすすめの一枚はこれ】

高還元率

【マジ?】楽天カードの口コミ評判は悪いのか【3つの批評】

更新日:

楽天カード

対応ブランド VISA・マスターカード・JCB
年会費 永年無料
ポイント還元率 1~10%
利用限度額 100万円
  • 年会費永年無料
  • どの店舗でも1%の高還元率でポイント
  • 楽天市場で買い物をすると還元率2%にアップ
  • キャンペーンにより最大10%まで付与されるチャンスもあり
  • カードを発行するだけで2,000ポイントがもらえる
  • カードの利用で3,000ポイントがもらえる
  • ETCの機能もつけられる

 

楽天カードの口コミ評判や利用者の活用方法

性別年齢 男性 30代
職業 会社員
地域 愛知県豊明市
年収 400万円~600万円未満
保有カード 2枚
申込方法 ネット申込
発行までの時間 1週間
月額利用金額 5~10万円未満
主な利用シーン ショッピング費用
住まい 自己所有
居住年数 10年以上

 

楽天カードを選んだ理由は?

楽天ポイントが付与されるからです。

 

せっかくポイントがあっても使いにくいポイントはあまり意味がありませんが、楽天ポイントなら楽天のサイトを初めたくさんの実店舗で利用することができます。

 

例えばミスドやマクドナルドでも使うことができるので、たまったポイントが無駄にはなりません

 

また私はガソリンスタンドは出光を利用していますが、出光クレジットカードを使ってガソリンを入れても、楽天ポイントの二重取りができるんです。

 

最近ガソリンは高いので、一回の給油で1万円程度使いますが、そこでポイントをもらうことができるので結構バカにできません。

 

盤面に描かれたお買い物パンダのデザインもとてもかわいく、使うたびにテンションが上がります。

 

楽天カードのことをどこで知りましたか?

ネットや雑誌を読んで投資の勉強をしていると、楽天カード最強説に行き着きます。

 

楽天カードは金融商品を購入して唯一ポイントが付与されるクレジットカードとして投資家の間ではとても有名です。

 

私は投資をしているので、そこでこのカードの存在を知りました。

 

楽天カードのメリットとデメリットは?

楽天カードを使って楽天証券経由で投資信託を購入すると、楽天ポイントが1%分付与されます。

 

例えば、私は積立NISAを年間40万円やっていますが、これを楽天カードで積立購入すると年間4000円分の楽天ポイントを受け取ることができるのです。

 

そしてこのポイントはまた楽天証券で投資商品を購入することができるのです。

 

たった4000円ですが、これはとても大きいことです。

 

なぜなら、これなら絶対にプラス1%のリターンが約束されているからです。

 

投資に「必ず増える」ということは必ずなく、タイミングと商品によってはマイナスになることも珍しくありません。

 

投資信託の積立投資というのは、地味に数%を長期間重ねて大きなリターンを目指していくもの。

 

その中で「必ず」1%というのはとても心強いですね。

 

楽天カードのお得な活用方法は?

まず、積立NISAは楽天証券で口座を開設し、投資信託の決済先を楽天カードに指定します。

 

これで積立NISA を年間40万円購入すると、誰でも自動的に4000円分のポイントが貯まるのです。

 

もちろん、この貯まった楽天ポイントは金融商品の購入に利用します。

 

ただでもらったポイントですから、ちょっとハイリスクハイリターンな商品を購入してもいいでしょう。

 

もし成功すれば大きく増えますし、失敗してもただポイントがなくなるだけです。

 

自分の財布から出ると思えばハイリスクな商品の購入は躊躇してしまいますが、ポイントならガンガンいけます。

 

自分のお金で購入する投資はローリスクで安定したもの、ポイントはハイリスクハイリターンな商品と使い分けると、面白いポートフォリオが作れると思います。

 

楽天カードの口コミ評判や利用者の活用方法

性別年齢 女性 20代
職業 会社員
地域 北海道札幌市
年収 200万円~400万円未満
保有カード 1枚
申込方法 ネット申込
発行までの時間 1週間
月額利用金額 5~10万円未満
主な利用シーン ショッピング費用
住まい 賃貸
居住年数 1年~3年

 

楽天カードを選んだ理由は?

ネットより申込をすると5000円分のポイントをプレゼントいただけるキャンペーンがあり、大変魅力的に感じた。

 

発行までの期間も大変短く、元々クレジットカードの申込を検討していたので良い機会だと思い発行に至った。

 

発行申込をした時期には楽天PINKカードは無く、楽天の中の選択肢としては楽天カードのみであった。

 

ネットショッピングをする際には楽天を利用する機会が一番多いことも決め手となった。

 

イオンカードやセゾンカード等の大型スーパー・百貨店名称のカードは富裕層の家庭が使用している勝手なイメージや抵抗があり発行には至らなかった。

 

楽天カードはCMでもよく宣伝されており、一番身近な感覚で使用できるカードだと感じた。

 

楽天カードのことをどこで知りましたか?

お馴染みの楽天カードマンが登場するCM放送(年会費無料であったりその時期によったポイント付与についてわかりやすい放送が毎度されている)。

 

その他にはネットショッピングをする際に楽天サイトにバナー表示されていたり、購入画面内にカードを申し込むとこれくらいの金額がお得になるといった顧客に親切な表示もあった。

 

楽天カードのメリットとデメリットは?

上記でも挙げた5000円分のポイント付与がカード発行時すぐにあり、購入しようと思っていた商品がすぐ割引かれた金額で購入でき大変お得に感じた。

 

カードの利用明細を書面にて発行希望していたが、大変わかりやすい記載で、家計管理をするのに助かった。

 

ポイント還元として貯めたポイントを街中の店(R-POINTマークのある店)多くで1ポイント=1円で気軽に使用できるのも有難い。公共料金の支払いでポイントが貯まる点にも魅力を感じている。

 

その他は、まだ利用したことは無いは楽天トラベルの国内宿泊に対して1000円割引されるクーポンが毎月発行されているのも魅力的であり、いつか家族旅行の際に是非使用したいと願っている。

 

楽天カードのお得な活用方法は?

楽天カードの常時開催キャンペーンを活用する(適用内容を増やせば増やすほどポイント倍増されるのがかなり魅力的である)。

 

内容としては楽天でんきに加入・利用し、ポイント0.5倍の恩恵を受ける。

 

シャンプー・歯ブラシ等生活必需品は全て楽天市場アプリから購入しポイント0.5倍の恩恵を受ける。

 

プレミアムやゴールドカードではないので最大数値では無いが楽天カードを使用するたけでポイント2倍の恩恵も併せて受けられる。

 

これだけでかなりお得に感じるので良いと感じてるが、検討内容として楽天モバイルの対象サービスを契約しさらにポイント2倍にさせたり、今後の投資として楽天証券へ口座を作り、月1回500円分投資信託として購入するとさらにポイント1倍になるという点も試してみたい。

 

 

楽天カードの口コミ評判や利用者の活用方法

性別年齢 男性 40代
職業 会社員
地域 大阪府堺市堺区
年収 600万円~800万円未満
保有カード 3枚
申込方法 ネット申込
発行までの時間 1週間
月額利用金額 5~10万円未満
主な利用シーン 旅行費用、ショッピング費用、飲食費
住まい 自己所有
居住年数 1年~3年

 

楽天カードを選んだ理由は?

スマートフォンの通信費が高く、悩んで色々と検討した結果、スマートフォンのキャリアをNTTドコモから楽天モバイルに変更しました。

 

そのことがきっかけで、いままで利用していなかった楽天ポイントがつくようになり、楽天での買い物をし始めました。

 

いままで銀行系の別クレジットカードをメインとして使用していました。

 

ポイントを利用するにはクレジットカードも、それまでメインで使用していた銀行系カードを使うよりも、楽天カードを使ったほうがよりポイントも貯めやすいことがわかりました。

 

またネット通販やスマホも利用しやすくなると考え、新規でポイントが10,000ポイントつくタイミングを見計らって申込みをしました。

 

その後、普段からよく使うメインカードは楽天カードとなりました。

 

楽天カードのことをどこで知りましたか?

スマートフォンの通信費が高いと悩んでいており、勤め先の同僚が楽天モバイルを使用しているという話を聞き、楽天モバイルに変更した。

 

スマホを購入した店舗にチラシがあり楽天カードでのスマホ代引き落としやネットショッピングで楽天カードを使うとポイントが貯めやすくなるということがきっかけで楽天カードを認識した。

 

楽天カードのメリットとデメリットは?

いままで銀行系カードを使用したが、それまではそれほどポイントのことは意識することはなかったが、楽天カードをつくって利用することで色々な場面でポイントが貯まるようになり、いかにこのカードのポイントが貯めやすいかというお得感を感じました。

 

お得感を感じているものとして、楽天モバイルの通信費を楽天ポイントで支払うことができるので、実質毎月の通信費はかかっていないことです。

 

また楽天市場ではおよそ四半期に1度、楽天スーパーセールが開催されるので、商品によって半額になったりするなど割引率が高くなります。

 

しかも、楽天カードで購入すれば、ダイヤモンド会員の私が適用される通常の5倍からさらにポイントが数倍重なったりしたりするなど、よりポイントが貯まりやすくなります。

 

楽天カードのお得な活用方法は?

日頃の買い物の支払いは楽天カードでするのは当たり前ですが、楽天ポイントが貯まる店舗を選んで買い物をします。

 

日用品やDIYならコーナン、ファーストフードなら、すき家やマクドナルド、ガソリンスタンドなら出光やエネオスなど、楽天ポイント提携店をターゲットにしてポイントの2重取りをします。

 

また楽天アプリでの提携店に入店するだけでポイントが付与される楽天チェックを毎日利用したり、ふるさと納税は楽天ふるさと納税のサイトを利用して、楽天カード払いにしています。

 

旅行は楽天トラベルで、泊まるホテルや旅館、ときにはレンタカーもそのサイトで予約、利用したりしています。

 

また利用日の日付が「0」または「5」がつく日付でしたら、ポイントが5倍になったりしますので、できるだけその日に購入します。

 

-高還元率
-

Copyright © クレジットカード大百科【おすすめの一枚はこれ】, 2020~2020 All Rights Reserved